ホーム > 現金化 > クレジットカード現金化の注意点などについて

クレジットカード現金化の注意点などについて

多くのクレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠が付いています。

キャッシング枠を使うとカード会社から現金を借りることになりますが、ショッピング枠よりも少なくて残高がなくなると使えなくなります。

このような場合でもショッピング枠に残高があれば後でカード会社に代金を支払うとして、その場で現金がなくても商品やサービスを購入できます。

また、現金を得たいときにショッピング枠で購入した商品を買取店などで売却して現金を得る方法があります。

これをクレジットカード現金化といいますが、注意点としては計画的に行わなければ多重債務に陥る可能性があります。

プレミアが付いている商品の場合には購入金額よりも高く買い取ってもらえる可能性がありますが、通常は購入金額よりも得られる現金が少ないです。

現金化業者に依頼した場合には手数料が別途かかるので、換金率が80%になればかなり良い方です。

例えば業者に依頼して換金率が80%の5万円の商品を購入して業者に売却すると、4万円を得ることができます。

ただし、後日カード会社に5万円支払う義務があるので、借金が1万円増えることになります。

また、カード会社への支払いを一括払いではなく分割払いにすると、5万円と手数料を支払う必要があります。

一方、自分でクレジットカード現金化を行うこともできますが、換金率を高くするためにはマメな情報収集が必要です。

また、注意点としてカード会社から転売が発覚する可能性が高くなります。

クレジットカードで購入した商品は代金を完済するまでカード会社に所有権があるので、自由に転売するためには代金を完済することが必要になります。

以前に利用した事のある現金化業者は80%の換金率で手数料などかかりませんでした。

評判もよかったのでリンク貼っておきますね:ネオギフト評判


タグ :